マナブ式FX完全マスタープログラム





2013年05月05日

fx初心者のための必勝法 動いた方に乗る

金曜日には米国雇用統計発表がありました

この発表は【重要指標】と呼ばれるもので1か月の間にいくつかあります。

ちなみに先週木曜日の大きな変動は「ユーロ政策金利発表」でした

とかく重要指標時には相場が大きく動く可能性が高くなります。



この場合は上がるか下がるかを予測するのではなく「動いた方に乗る」が基本です

つまり、チャンス場面なわけです。



posted by 衛府恵久洲 at 18:18| Comment(0) | fx初心者のための必勝法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

fx初心者 投資 焦点4/29

▼日本がゴールデンウィーク入りとなる影響
▼今週に、BOJの議事録とECBとFRBの金融政策の発表
▼5月3日に、米国の雇用統計の発表
▼5月1日に、FOMC結果発表
▼5月2日に、ECB理事会結果発表
▼ドル円の100円トライ失敗後の行方
▼4月の月末要因・5月の月初め要因
▼主要な株式市場の動向(欧米が主体)
▼金融市場のリスク許容度(欧米の株式市場が主導)
▼主要な経済指標の発表(米国が中心、週末の米雇用統計が中心)
▼米国の金融政策への思惑(5月1日にFOMC結果発表を控える)
▼欧州の金融政策への思惑(5月2日にECB理事会結果発表を控える)
▼米国の長期金利の動向
▼日本の金融政策への思惑や円先安観での動向
▼欧州債務問題への思惑
▼キプロス問題での影響
▼欧州各国の国債の動向(入札状況や利回り)
▼世界経済の先行きへの思惑(欧米が主体、中国の動向も重要)
▼米国の主要企業の決算発表が本格化
▼金融当局者や要人による発言
▼金や原油などの商品市場の動向


posted by 衛府恵久洲 at 17:41| Comment(0) | fx初心者 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

fx初心者 投資 焦点4/22

▼G20財務相・中央銀行総裁会議明けでの影響
▼今週に、RBNZとBOJの金融政策の発表
▼経済・物価情勢の展望(展望レポート、年に2回のみ)の公表
▼今週に、米国の長期国債の入札が相次ぐ(23日・2年債、24日・5年債、25日・7年債)
▼来週(5月1日)にFOMC結果発表を控える点
▼来週(5月2日)にECB理事会結果発表を控える点
▼日本の金融政策への思惑や円先安観での動向
▼主要な株式市場の動向(欧米が主体)
▼ドル円の100円大台を巡る攻防
▼金融市場のリスク許容度(欧米の株式市場が主導)
▼主要な経済指標の発表(米国が中心)
▼米国の長期金利の動向
▼米国の金融政策への思惑(5月1日にFOMC結果発表を控える)
▼欧州債務問題への思惑
▼キプロス問題での影響
▼欧州各国の国債の動向(入札状況や利回り)
▼世界経済の先行きへの思惑(欧米が主体、中国の動向も重要)
▼米国の主要企業の決算発表が本格化
▼金融当局者や要人による発言
▼金や原油などの商品市場の動向



posted by 衛府恵久洲 at 16:24| Comment(0) | fx初心者 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。